農産物生産・加工のセンリファーム様と曽於市が工場増設の立地協定を結びました。

農産物生産・加工のセンリファーム様と曽於市が8月19日、工場増設の立地協定を結んだ。センリファーム様と神楽坂五十番が連携し、相手先によるブランドによる生産(OBM)で県産の豚肉や野菜を使った肉まんを製造する。

工場は曽於市末吉町深川にある旧末吉原口地区特産物加工センターを改修し、「神楽坂五十番鹿児島工場」として11月に創業予定です。